ハーレーが日本向け小型モデルを販売する可能性

ハーレーの集団

ハーレーと言えば大型バイクと言う印象がありますが、最近では日本国内で大型バイクの売れ行きが低迷する傾向があり、特にアジア地域では国土が狭いことや様々な交通の問題などがあり、大型バイクが敬遠される傾向が強くなっています。どちらかと言えば小型バイクがより高い売れ行きを示していることもあり、ハーレーも日本やアジア向けに小型モデルを発売すると言うニュースが近年話題となっているのです。

しかしハーレーのイメージから、小型となるとあまり良いイメージを持つ人は多くありません。独特のエンジン音やその重厚さを持って走れるバイクがハーレーと認識している人も多いため、小型モデルの場合にはそのブランドイメージが損なわれてしまうと考えるファンやオーナーも多く、あまり良い印象を持たない人も多いことが予測されているのです。

多くのオートバイメーカーは日本向けの特殊な車両を開発し製造することが多くなっています。これは日本を含めたアジアの諸国がオートバイメーカーのブランドイメージを非常に重視する傾向があり、外国産のオートバイの場合にはそのブランドイメージだけで高い売れ行きを誇っているものが多いのです。

ハーレーで走れ!

そのため、ハーレーもブランドイメージから乗り始めると言う人も多いのですが、大型バイクならではの重厚さや安定性を味わってしまうと、小型バイクには戻れないと言う人も少なくありません。

ブランドイメージを守るためにハーレーでは日本向けの小型モデルにはあえてそのブランドをつけずに、異なるブランドで販売する計画も検討している模様です。

日本人の身長や手の長さなどに合う小型モデルはストリートモデルとスポーツスターモデルでしょう!他のモデルよりも車両の重量が軽いので日本人向けです。体の小さい男性はもちろん、女性や高齢ライダーにも向いているモデルと言えます。

テールライトやウインカーをLEDライトに変えてみよう

ライト関係

ハーレーが日本にやってきた当初は、その値段の高さから中々手を出すことができない人がおり購入するのは夢のまた夢だと多くの人が思ってきました。
しかし、人々の生活にゆとりができたり趣味を楽しめる時間が増えるようになると少しずつですがハーレーに乗った日本人の姿を町で見かけられるようになったのです。

日本人がバイクに様々な好みを反映させますが、その中でもライト関係に強いこだわりを持つ人が多くいます。

見た目的に、すんなりと交換するのは難しそうだと感じる人もいるかもしれませんが、実際は比較的容易に取り換えることができるため初心者でも安心して行えます。近年では、省電力化が図れるLEDライトを取り付けるケースが多いです。節電になるだけでなく、日中でもはっきりと目に見えるためアピールにもつながるのです。また、ウインカーもカスタムすることが多いです。
これにもLEDが使用されることがあり、小さなウインカーも発売しているため人気です。

ライト関係で人気のメーカーはKuryakynですので、チェックをしてみてください。高価ですが、デザイン性はどのメーカーよりも優れていて高性能です。